メニュー

トップへ

クレー射撃

ライフル射撃

その他の射撃

 

クレー射撃とは、散弾銃を使って空中などを動く
クレーと呼ばれる直径11cm、暑さ3cmほどの
皿状の標的を撃ち落とすスポーツです。
最終的に撃ち落としたクレーの枚数を競います。

使用する散弾銃は人によって違い、
銃身が上下に二本ある上下二連銃、
銃身が左右に二本ある水平二連銃、
銃身が一本で自動的に球が補充される自動銃などがあります。
公式な試合では上下二連銃が使われています。

クレー射撃にも様々な種目があり、
公式試合などで主に行われているのは
トラップ射撃とスキート射撃と呼ばれる種目です。

トラップ射撃とは、前方15mからストレート、右、左と
ランダム(それぞれ枚数が5枚、10枚、10枚と
定められてはいる)な方向に25枚のクレーが飛んできて、
それを一発目もしくは二発目で
命中させれば得点が入る射撃です。

スキート競技とは、直径36mの半円形の射台の8箇所から順に、
円の直径の両端に設置された2箇所の標的射出棟から
1枚もしくは2枚射出されるクレーを
一発のみで25回撃ち抜く競技です。

クレー射撃にはその他にも、ダブルトラップ射撃や
ランニング・ターゲット射撃などの競技があります。